ベトナムで就職をする日本人と日本人を採用する企業を結ぶ求人サイト



北部・南部の特徴

Mar 31, 2014, posted in Career
北部・南部の特徴

〜 ベトナムの地域ごとの違い 〜

ベトナムの地域ごとの違いを皆さんはご存知ですか? 

同じベトナムとも言えど北部と南部では言葉や習慣、人々の性格など様々な点において異なる部分があります。それではどのような点が違うのか具体的にご紹介したいと思います。


・気候

ホーチミンには雨季と乾季の二つがあり、1年を通して季節は夏です。最高気温は34度、最低気温は21度くらいとなります。雨季には毎日のようにスコールが降り、この時期気温はそこまで高くなりません。一方ハノイには四季があります。夏は南部より高温多湿、40度近くまで上がることがあり南部のホーチミンより暑くなります。ただ冬は10度以下になることもあり、ストーブや暖房器具、防寒具が必須となります。


・町並み

ベトナム最大の商業都市とされるホーチミン。経済の中心というだけあって都心部では、高層ビルや高級ブランドショップなども立ち並び、めざましく発展する一方、昔ながらのベトナムの雰囲気は薄れつつあります。多くの国から観光や仕事で訪れる人も多く、日本人街と呼ばれる「Le Thanh Ton通り」ではすれ違う人のほとんどが日本人といった具合です。また夜遅くまでオープンしているお店も非常に多く、とても賑やかな街です。

ハノイに関しては政治の町、伝統を大事にしており建物を建築する際の規制もあります。
中心部では高層の建築物は規制しており、高層のオフィスビルなどはあまり見かけません。
またホーチミンに比べると湖や緑が多く、自然を感じることができます。旧市街など昔ながらの風景が残っているところもあり、ベトナム独特の雰囲気を醸し出しています。

 



・人の性格

南部の人の特徴としてはよく言われるのは細かいことは気にせずのんびり、おおらかでよく笑うということ。新たに出会ったばかりでもすぐに打ち解けられる明るさと柔軟性を持っています。それは素直で外向的ということでもありますが、衝動的で後先を考えない部分があります。とにかく楽しいことが好きな傾向にあるホーチミンの人たちにとっては何かしら理由をつけてはパーティーを大勢で行ったり、お金の使い方も大雑把、貯金ができない人が多いと聞きます。

その反対で北部の人はロジカルな人が多く、計画的で真面目な人が多いです。初めはあまり愛想はないなと感じることもあるかもしれませんが、一度親しくなった人との繋がりを大切にするため、心を開いてくれた人は心強い見方となってくれるでしょう。

 

・食文化 

日本でも地域によって食文化が異なるようにベトナムでも地方によって味付けがかなりことなります。北部の料理は塩辛い味付けが多いですが、薄味の中華料理として比較的日本人にとって馴染みやすい味であると言えます。

その一方で南部ではタイやカンボジアなどの影響も受けており、砂糖やココナッツミルクなどを使用した甘い味付けが多いのです。ホーチミンは新しいものにも比較的受け入れられやすい傾向にありますので、各国のレストランがホーチミンには溢れています。

以上のように比べてみると、南北だけでもかなりの違いがあります。
よく比喩されるのはホーチミンは大阪、ハノイは東京に似ているということ。
その感じ方も人それぞれだと思いますので、どちらが合っているか実際に自分自身で見て感じてみるのが一番だと思います。

ちなみに私自身は両方に住んだ経験がありますが、食べ物や街の雰囲気は北部、気候は南部が好きといったようにそれぞれに良いところがあり、どちらか一方を選ぶのは非常に難しいです。

 

 
 


ベトナム就職事情

ベトナム就職事情

〜 ベトナム現地採用にて「得られるもの」と「無いもの」〜

個人所得税について[1]

個人所得税について[1]

〜 ベトナム就労に避けては通れない個人所得税について [1] 〜

ベトナムで暮らす

ベトナムで暮らす

〜 成長を続ける国、ベトナム。その暮らしぶりとは。〜

ベトナム現地採用で働く日本人の声

ベトナム現地採用で働く日本人の声

〜 ベトナムで活躍する日本人へのインタビュー 〜

個人所得税について[2]

個人所得税について[2]

〜 ベトナム就労に避けては通れない個人所得税について [2] 〜

ビザと労働許可証について

ビザと労働許可証について

〜「滞在」に必要な査証(ビザ)と、「就労」に必要な労働許可証取得方法とは 〜