ベトナムで就職をする日本人と日本人を採用する企業を結ぶ求人サイト



ベトナムで「生きる」(30代女性へのインタビュー)

Mar 31, 2014, posted in Career
ベトナムで「生きる」(30代女性へのインタビュー)

〜 ベトナムで活躍する日本人へのインタビュー 〜

学生時代にベトナムに魅了され、2度のベトナム就職を実現された30代女性にお話を伺いました。 

 

---ベトナムとの出会ったきっかけは何ですか?

障害を持った知り合いが身近にいたこともあり、「何か人の役に立てることをしたい」と小さい頃から思い続けていました。そんな中、私の通う高校の修学旅行で、複数の国をコースの中から選択することができ、ボランティアでベトナムへ訪れるというものがありました。
ボランティアに強い興味を持っていた私は、当然ベトナム行きのコースを選択しました。これがベトナムとの最初の出会いであり、それは運命だった気がします。


---ベトナム滞在時の印象は?

訪れたベトナムは初めての海外であったということもあり、とにかく衝撃の連続でした。日本では感じたことのない熱風、カラフルな町並み、そしてエネルギッシュな人々と風景。「生きる」ということを何よりも考えさせられました。「またベトナムへ絶対戻ってくる」と思い誓ったことを今でも鮮明に覚えています。


---その後のベトナムとの関わりは?

ベトナム語を勉強できる大学を選び、ベトナム人学生も多いことから交流の機会も多く、何度もベトナムを訪れました。色々と飽きやすい性格の私ですが、ベトナムだけは不思議と飽きることはありませんでした。
大学卒業後は念願のベトナム勤務となりましたが、事情があり一旦日本へ戻ることになりました。


---日本に帰国され、なぜ再びベトナムで働くことになったのでしょうか?

日本に帰国後、どうしてもベトナムが恋しく、思い返す日々が続きました。刻一刻と発展を遂げるベトナムを思うと、日本にいる自分が取り残されているような不安を感じることもしばしば。ベトナムへ戻りたいという思いを抑えることが出来ず、家族の了解を得て、念願のベトナム生活を再びスタートさせることができました。


---再びベトナムで生活されて感じることは何ですか?

初めは「人のために」や「ボランティア」というキーワードから入ったベトナムでしたが、今ではベトナムという国に私自身が生きるパワーをもらっています。この土地にいると自然と幸せな気分になれるのです。
目に見える成長が次々と訪れ、それを見ながら高いモチベーションを持って働く、日本で味わうことはもはや難しい世界なのかもしれません。今、ベトナムで生活をして仕事ができる幸せを噛み締めながら毎日を送っています。 

 



〜旧市街散策〜

〜旧市街散策〜

〜旧市街散策〜

ベトナム現地採用で働くということ

ベトナム現地採用で働くということ

〜ベトナム現地採用を考え始めたときに〜

ベトナムのサッカー熱

ベトナムのサッカー熱

ベトナムのサッカー熱

ベトナム就職事情

ベトナム就職事情

〜 ベトナム現地採用にて「得られるもの」と「無いもの」〜

リスコーヒー初体験!

リスコーヒー初体験!

リスコーヒー初体験!

これぞローカル飯!!!

これぞローカル飯!!!

これぞローカル飯!!!